システムエンジニアに必要な資格とは?

システムエンジニアになるための資格とはなんだろうと考えたことがあるだろうか。もちろん、我々から見れば何をどうしているのかも分からない職種でもあります。

しかし、パソコンを扱う仕事であることはなんとなくだが想像できると思います。パソコンを使用している仕事はたくさんありますが、どれも基本的な操作であり、専門的な取り扱いをするわけではありません。厳密に言えば、システムエンジニアなるための資格はないのです。多くの職種が未経験でも成り立つのはこれからの成長を意味するからであり、最初からできることを期待しているわけではないと言えるのです。もちろん、システムエンジニアにおいても例外ではありません。しかし、パソコンに関する試験は数多く存在しています。

有名なところでは、初級システムアドミニストレータやマイクロソフトスペシャリストと言った試験は存在しますし、もちろん、これらの資格は日常的にパソコンを扱う際の知識を問うものです。この他にはより専門的な基本情報技術者試験などもあります。

個人の経験から言わせてもらえば、実際に知識を持っていることに関してはとても優位に働くことのほうが多いように感じます。しかし、それが本格的な場所で100%通じるものかどうかはやってみるまでは決して分かりません。多くの職種に限らず、これだけやっておけばいいということはないからです。もし、仕事においてスタート地点があるとしたら、試験に合格し多少人よりも知識のある知識人というだけのことではないでしょうか。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *